VRオタクな院生の日常

よく「自分の考えをアウトプットしておいた方がいいよ」という記事を見かけるのでポツポツと書いてます。

初めての研究計画書の書き方

どうも、アヤタカです。

「研究計画書」

大学院に進む人、もしくは進んだ人はこいつを書く機会があると思います。特に院試を受ける人はほぼ絶対書く必要がありますよね。私も現在博士前期課程ですが、今書く必要があるので、自分のためにもまとめておこうとおきます。

研究計画書ってなんぞや

研究計画書ってそもそも、どういう時に書いて、何のために書くのでしょうかね。

おそらく多数の人は、大学院進学の入学試験で願書と一緒に提出する必要があって、

人生で初めて書くんじゃないでしょうかね。私もそうでした。

他にも、博士後期課程に進む人でしたら、日本学術振興会特別研究員という、

国から研究費として年間150万円ほどもらえて、さらにお給料的なもの(厳密には違う)が月20万円ほど出るという、素晴らしい制度に申し込む際にも書く必要があります。

話は戻りますが、「研究計画書」とは読んで字のごとく、

『「研究」の「計画」を「(文)書」としたもの。』です。

つまり、どんな研究をするつもりで、どういう感じで進めていくかを周囲に発表するためのものです。大事なところは独りよがりでない誰かに見てもらう、聞いてもらうものだということです。 

研究計画書に必要な要素

長々と言葉の定義を説明してきましたが、

どんなことが書かれていればその文書は「研究計画書」と呼べるものになるのでしょうか。大まかに以下のことがしっかりと書けていればそれは少なくとも「研究計画書」と呼べるものにはなるでしょう。

  • 先行研究
  • 問題点や課題
  • 研究目的
  • 提案
  • 進め方
先行研究

自分が解決したい社会的要求、目指したい未来や目的と同じ、

あるいは似たような研究が必ずあるでしょう。

 「いや、ないね。俺が初めてだ...!」って人はもっかい英語とかで調べてみましょう。

自分が目指す未来に対して、過去の先輩たちはどういう研究を行ってきたのか、

どういうことが実験で明らかになったのか、などを記述します。

その先輩の研究も、その先輩の先輩たちの研究を元に発展してきたものです。

巨人の肩の上に立っちゃうのです。

問題点や課題

じゃあ、その目指したい未来や目的が今現在達成されていないとしたら、

あなたは、何をするべきでしょうか。先行研究を踏まえて、

まだ残っている課題や新たに浮かび上がった問題を解決しようとするのが自然の流れですよね。ここで、先行研究をしっかりと調べる必要が出てくるのです。

ちなみに言っておきますが、過去の先輩が研究したこと、つまり全く新しくないことをもう一度研究する必要はありません。意味がないです。ある条件を変えて再度実験をしてみる、何か新たに加えて実験をしてみる、ということになると話は別ですがね。

研究目的

さぁ、ここでやっとあなたの研究目的を語れますよ!

あなたは、先輩たちの取り組んできたこと、やり残したことを述べてきました。

それらをしっかりと説明することで、読み手はどんな研究が行われてきて、

何が問題で何をすべきなのかがわかってきています。

そこで、あなたの研究の意義、つまりあなたの研究は何の役に立つのか、

この研究をすることは、理想の未来に向かう過程でどの立ち位置からアプローチしようとしているのか。これらを明確に記述して、研究目的を語ります。

提案手法

あなたの研究は、どんな役に立ってどの立ち位置からアプローチしようかというのは、

語りました。夢物語を語るだけなら誰でもできますよね。

そこから、さらに踏み込んでこそ研究計画書です。

その問題や課題に対して、どういう風にそれらを解決しようとするのか

どのようにアプローチしていくのか、つまり技術的なキモですね。

ここで、あなたのオリジナリティがでます。ここのみに関しましては

書けている人は多いらしいですが、前の3つの項目に触れていないと、

独りよがりになってしまっているように感じられてしまいます。

進め方

まぁ、こちらもどんだけ良い課題を見つけ、それを解決する方法もあったとしても、

博士前期2年間では終わらなくて、10年ぐらいかかるとなると、

それじゃお話になりませんよね。なので、どういう風なスケジュールで

研究を着地させるかを書いておく必要があります。

 

ザーッと書いてみましたが、上記の項目は最低限研究計画書には必要なものと

なっていますので、これらを意識して書くだけでもそこそこ形に

なっているのではないかなと思います。あとは、各文に主語述語がちゃんとしっかりある、誤字脱字(意外と多いんですよね)、などなどそもそも文書としての基本などにも

気を配る必要もありますが、それはまた別のお話です。

 

では、私の頭の整理にお付き合いいただきありがとうございました。

もし、少しでもお役に立てるようでしたら嬉しい限りです。

1日の使い方。

どうも、アヤタカです。

GWも終盤で私も実家に帰省していましたが、本日帰ってきました。

帰りの新幹線で読むための本をパッと書店で買って読みましたので、その感想を。

 

 1日は24時間ということを考え直そう

自分の時間 (単行本)

自分の時間 (単行本)

 

 

今回読んだのはこの本です。

普段本を買う際には、前書きを読んで、目次を見て自分の知りたいトピックがあってそれを読んでみて、文章が自分に合ったり、感心したらその本を買っているのですが、

今回は時間がなく、タイトルのみで買っちゃいました。

現在の研究室のドクターの方達は一週間でものすごい進捗を出しています。

どうやったらそんなに知的生産ができるのかが今悩みでして、

それを考えるきっかけとしてタイトルに惹かれました。

 

内容としては、まぁ見出しの通り、

「『1日=24時間』っていうのは、皆が平等に与えられているもの」とか、

「大きな目標は立てずに小さい成功を重ねよう」とか、

「時間」の大切さを説いたりしている本でした。

 

正直なところ、この本では上澄みというか見出しのみを紹介しているのみでこの記述量で納得したり感心したりする人いるの?ってレベルでほとんど深く掘り下げてくれていません。私は他の書籍で同じようなことをもっとわかりやすく深く説明してくれているのを読んでいたので「んー、まぁそうよね。そうだよね」みたいな感じです。

 

 

結局のところ、24時間のうちの働いている約8時間には一切言及せず、

残りの16時間をどうやって有意義に過ごすか。にフォーカスしている本ですね。

なので、私の知りたい情報とは違うためそりゃ今読んでも役には立たないんですよね。

 

今の私には、「1週間を6日として考える」という箇所のみが「おっ」ってなりました。

残りの1日を何の予定も詰めずにその日にしたいことをする日を設けることで、

その日はないものとして考えておけば、その日がたとえ何かで潰れたとしても

もともとないものなので、そんなに気にならないですもんね。

 

と、まぁ、正直なところ今の私にはあまり響かない本でした。

 

時間の使い方はまだまだ模索中で今の試行としては、

今までだらだらと作業をしていましたが、

1時間ごとに「今していること」「次の1時間ですること」

「あとどれぐらいでこれはどこまで終わるか」を考えることで、

一つの作業をだらだらとしすぎないようになり、

その日で終わらせたい進捗を意識しながら割といい感じに作業できています。

 

あれ?何の話でしたっけ。

まぁ、とにかく1日は誰もが24時間です。

「時間がない」と言っている人も実はみんな同じです。

当たり前だと思っていますが、改めて毎日それを意識したいと思います。

 

 

 

 

院試落ちた。後の話

どうも、お久しぶりです。

すいません。完全に3日坊主になってしまっていました。

今日も久々にはてなにアクセスしてみたら、「院試落ちた。話」のアクセス伸びててびっくり。「こんな奴がいるんだし自分はマシだな」とかでも思っていただけているなら、少しでも誰かの役に立ってるのならば嬉しい限りです。

 

研究生としての一年

前置きはさておき、私は4月から研究室に配属されました。

院試に落ちたのは一昨年の話です。

今回は、「じゃあ、去年は何してたの??」のお話です。

 

院浪人生活スタート

4月からは研究生という名ばかりの肩書きの元、研究室に席を用意していただいて、

新学部生の面倒を見ながら浪人生活を送っていました。

 

去年は落ちたNAISTをもうすっかり諦めまして、別の大学を探し始めました。

そもそも、VRの研究がしたいのに外部生が多いという理由(だけではないですが)で

大学院大学を受験しており、VRの研究室じゃないところに行こうとしていました。

まぁそりゃ、ダメですわね。

 

今度はちゃんと院試の準備しました。さすがに。

 

院試当日までに準備したこと

4月:大学探し

5月:オープンキャンパスに参加+指導教員との面談

6月:TOEICの勉強+研究計画書の作成

7月:願書書類用意+勉強

8月:院試の準備+勉強

 

学部4年生の方でちゃんと意識高くして外部の大学院に進む方は、

こういうスケジュールでちゃんと卒業研究と並行して行なっていると思います。

 一つ一つ説明していきますね。

 

大学探し

これはまぁ自分の研究したい分野をgoogle先生なりに働いてもらって、

だいたいどの大学の何て言う研究室が有名か、面白い研究してるか、

どれぐらい学生数居るか、とかを見比べながら良さげなものを探します。

少しでもビビっときたら専攻公開なりオープンキャンパスなり行くべきですね。

 

オープンキャンパス、面談

受ける大学が決まれば必然、指導教員との面談をします。

これしなければ絶対受からないんじゃないですかね?

研究計画も間違いなくまともなもの書けないし、

教員も人なんだし挨拶もできない奴と一緒に研究したくないでしょうし。

遠方の大学ならオープンキャンパスに合わせて、

個人面談のアポも取っておくことを激しくオススメします。

 

その際に、ある程度興味のある研究やどういうことしたいかを、

ちゃんとしっかり調べて行くことは必須だと思います。

向こうの教員の方も、

「じゃあこういうテーマで研究計画書書いたら?」って

具体的なアドバイスできますし。

 

TOEICの勉強

最近、大学院のほとんどで多分TOEICを提出するんじゃないですかね。

私が受けた大学ももろに点数に入る院試でした。

TOEICに関しては、ググればテクニックなり教材なりいくらでも出てくるので

ここでは「サボらずに頑張って♪」としか言えませんね。

個人的には、リスニングの点数が上がりやすいと思います。

リーディングの語彙などは毎日の積み重ねですが、

リスニングはかなりテクニックで稼げる部分がありますので。

研究計画書

これは大学によっては、院試において一番大切な要因となるかもしれません。

これに関しては、指導教員との面談の内容を元にciniiやGoogle Scholarなどで

キーワードを検索して関連研究の論文を大量に、もうほんと大量に読むことをオススメします。

「今までの論文はどんな問題に取り組んできたのか」

「どうやってその問題を解決したのか」などに着目しながら読みます。

 

そして、大事なことですが、完成したら恥ずかしいでしょうが、

誰かにさらけ出しましょう。特に指導教員には見せましょう。

「こんなゴミ計画書見せて、指導教員に呆れられてしまうのでは?」とか思ったら

とりあえず、指導教員にメール書いて添付して送信ボタン押しましょう。

向こうの教授も、さすがに邪険にはしないです。

これも大事ですが、研究計画書を何回も見てもらいましょう。

「何回もゴミ計画書見せて、...(略)」とか思ったら

とりあえず、指導教員に...(略)

そんなプライドはいりませーん。図太くお願いしましょう。

 

勉強

もうあとは、数学などの院試に必要な基礎科目を黙々と勉強しましょう。

行きたい研究室の先輩に、オススメの教科書を聞いておくとかなり良いですね。

プレゼンとかもあるなら、規定の時間でしっかりできるように何度も練習して、

お風呂でスラスラと言えるぐらい練習しましょう。

 

最後に

と、かなりダラダラと長文になってしまいましたね。

院試に受かった話に関しては、他の方もかなりブログとかで綴っていると思うので、

見比べて共通の項目などがあれば、それは間違いなくマストなことです。

まぁ、一サンプルとして参考にしていただければ幸いです。

それでは。

自分を欺いていませんか。

 

今、すごく泣いてました。

久しぶりに泣きましたね。

 

何で泣いていたかって??

映画?恋愛小説?テレビドラマ?

 

いいえ、自己啓発本です。

 

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する

 

 

かなり有名な『自分の小さな「箱」から脱出する方法』の日本人バージョン(私はそういう認識です)。

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (421件) を見る
 

 

 

最近、すごく落ち込んでて、「こんな時こそ本を読むべし!!」

と思って、書店行ったら見覚えある表紙見つけて、それが

『日常のイライラから解放される「箱」の法則』でした。

 

この世にはびこる"ウイルス"

 

まぁ中身に関しては、沢山の人がブログとかに書いているだろうし、

読んだ人も多いと思いますので、「箱」については簡単に。

 

自分が心の奥深くではするべきと思ったこと(電車で老人に席譲るとか)を

しないことを決めてしまうと、その瞬間に自分を正当化してしまう現象ですね。

 

この現象を「箱」に入る。と言います。

箱に入ってしまうと、途端に相手を責めてしまい、

その行動をしなくても仕方ない理由を探し出します。

「この老人は多分「年寄り扱いするな!」って怒りそうなめんどくさいやつだ」とか「今日は少し熱っぽいから仕方ない」とかね。

 

まぁ正直、「ナンノコッチャワカラン( ゚д゚)」って方は読んでください。笑

それが一番です。

 

この「箱」に入ってしまっている人がこの社会には、もうほんと大量にいます。

しかも、この「箱」に入ってしまっている人と関わると、

こっちまで「箱」の中に入ってしまっちゃうんですよ。

これが蔓延ってしまっているウイルスみたいなものなんですね。

 

刺さった言葉

 

と、まぁ前置きはここまでで、今回読んでて自分に刺さった箇所を書いときます。

「ねえ、リョウちゃん。感じたことをしないで、何を生きるっていうんだろうね」

もう、ここで涙腺崩壊。とらドラのクリスマス回で大河が外で叫んでる時とおんなじぐらい涙止まらなかったです。

 

自分の中で感じたことは、自分だけのものなのに

それを見て見ぬ振りして何が「自分の人生を生きる」なのか。

毎日、自分を欺いていますよ。

 

今、感動して「この気持ち残しておかなくちゃ...!!」

と思ってこの記事書いてるわけですよ。

 

終わりに

 

自分を欺くことが当たり前になりすぎていて、

自分感じたことすら拾い上げるのも難しくなっていると思います。

だから、まずはその感じたことをしっかり理解することからはじめます。

ほんで、感じたことに対して何かを考える前に動き出したいなと思います。

いや、動き出します。

今は、意識高くても、アホだからそのうち忘れて

また「箱」に入ってしまうだろうからこうやって形にしておきたいと思います。

 

小学生の頃に立てた目標、「立派な大人になる。」

今日からでもちゃんとヒトとして生まれ変わって頑張ります。

 

終わり。

 

 

 

 

 

院試落ちた。話

初めまして。アヤタカと申します。

今年の4月から修士1年生としてVRの研究をします。

学部4回生の時に、外部の大学院を受験しましたが、圧倒的準備不足が原因で落ちてしまいました。

それだけならまだ良くある話ですが、

その後自大学の院試を受験できないというやらかしをしてしまいました。

そんなアホな奴ですが、当時、進路先がないことがあまりにも不安になってグーグル先生に聞きまくりましたが、似たような境遇の方がいなかったので(そらそうだと思うが)自分の経験をつらつらと書いておこうかなと思いました。

ちなみに、クズ野郎のエピソードを読んでて不快に感じる方は非推奨です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大学4年生のときの流れとしてはこんな感じです。

4月~ 5月 - 自大学にて研究室配属、各大学院のオープンキャンパス-

6月 - NASITの願書-

7月 - NAIST受験、結果発表/大阪大学院試の願書出願-

8月 - 大阪大学院の入試、結果発表-

9月 - NAISTに再度出願、自大学院入試でやらかす-

10月 - NASIT受験(2回目)、結果発表-

11月~12月 - 卒業研究 -

1月 - NASIT出願(3回目) -

2月 - 卒論発表 -

3月 - NAIST受験(3回目)、結果発表 -

 

とにかくとにかく、本当に両親に申し訳なかった。本当にクズですね。

4月からもめちゃくちゃ親に迷惑かけていますが、

このときは真剣に自覚していなかった分余計タチが悪い。

 

卒業研究の忙しさから毎日が充実していると錯覚していて、

全然院試の準備してない自分を見て見ぬふりして毎日を過ごしていました。

 

ちなみに、10月の「やらかす」っていうのは、

「2月にももう一回募集してるしまぁ最悪ここで受ければいいかー」

って思ってて、院試全て落ちて募集要項もう一回見直してみると、

「※◯◯(私の所属している)学科のみ2月は募集しておりません。」 ->     \(^o^)/

 

8月、9月は病んでた

 

とにかく、大阪大学院試に落ちた後はずーっと不安でしたね。

完全に自業自得ですが、先が不安ですので気づいたら毎日毎日

googleで「院試 落ちた」「院試 失敗」とか調べてましたね。

ちなみに、この時プライドが邪魔して『就職』という選択肢はありませんでした。

むしろ、『起業』とかなんのあてもなく考えていたぐらいです。アホです。

 

研究室のメンバーはすごく楽しい奴らでして、

研究室に行くとそいつらいるでしょ?そいつらとだべりながら卒業研究するでしょ?

気づいたら夜でしょ?ラーメン食べて帰るでしょ?家帰ったらもう眠いから寝る。

みたいなことを毎日、続けてましたね。もう現実逃避で卒業研究してましたね。

 

 10月以降から

 

『藁にもすがる』とはこのことで、NAISTの受験課?みたいなとこに電話して

「2回目受験でも受かるもんなんですかね...?」とか電話してました。

そりゃ向こうもデータとしてそういう人もいます。としか言えないわなwww

でもそのときは、それにすがりついて2回目受験しましたね。

 

この時にでも、しっかりと先行研究を調べた上で行きたい研究室の教授に泣きついて、

「研究計画書何書いたらいいですかね...」とか相談しに行ってたら良かったのに、

「1回目の受験の時に相談に来なかった奴が、2度目受けるからっつって相談にくるとか馬鹿だなこいつwwwww。とか思われてしまうのでは」

というバカだと思われたくないしょーもないプライドが邪魔してしまいました。

「今度は、行きたい研究室の修士の方に研究計画書添削してもらったから大丈夫!」

3回目の時もそんな感じでした。

 

12月ぐらいに、自大学にも「研究員」という制度があるということを

指導教授から聞きました。この時、もう心のどこかで

「それでいいや」とか思っていたと思います。正直。クソ野郎なので。

そして、なんだかんだで年明けるともう、卒論提出とかの時期になって

それにばっかり逃げてまた院試の準備していませんでした。

 

3月になって

 

院試に全て落ちて、指導教授と個別面談して研究生となりました。終わり。 

 

もうほんとこうやって文字に起こしてると嫌気がさしてくる。

自分のクソっぷりに。

ちなみに、研究生は、本当に肩書きだけで

  • 学割効かない
  • 休日に学校入れない
  • 事務の人に邪険に扱われる

つまり、社会的にはニート、無職でした。

 

終わりに

とりあえず今回は初ブログということで、かなり心情とか端折って書いていきました。

心情とかよりも万が一このブログを見た人のためを考えると

もっとアドバイスというか反省点を書いたほうがいい気もしますが、

今後いろいろ試行錯誤して続けていきたいと思います。

 

とにかく、一年間の反省点をまとめると

  1. 外部院試受けるならちゃんと前もって準備する

    ->試験に必要なことなんか書いてあるんだから、一週間前から準備とかアホなことせずに何ヶ月も前から準備。当たり前だけどできていなかったから落ちた。

  2. 今、「何が大事か」をしっかり意識する
    ->卒業研究は忙しいと思うが、その忙しさで日々が充実していると勘違いしてはいけない。結局進みたい方向には全く進めていない。「7つの習慣」にもあるように毎日することに優先度をつけて毎日過ごすべき。
  3. しょーーーもないプライドは捨てる
    ->プライドなんか何の役に立つの?百害あって一利なし。ほんまに。
    その研究室に本当に行きたいなら、なりふり構わずフル◯ンになってでも受かるための努力を何でもするべき。

 

以上です。

また次の機会にでも、4月以降の過ごし方を書き綴っておきたいと思います。

 

追記

少し特殊ですが、ちゃんと志望校に合格した外部大学院受験者の一年を、

4月以降の過ごし方として記事を書きました。

他の方もたくさんブログなどで合格記を綴っていると思うので、

一サンプルとして参考にしていただければ幸いです。

 

ayataka-vr.hatenablog.jp