VRオタクな院生の日常

よく「自分の考えをアウトプットしておいた方がいいよ」という記事を見かけるのでポツポツと書いてます。

自分を欺いていませんか。

 

今、すごく泣いてました。

久しぶりに泣きましたね。

 

何で泣いていたかって??

映画?恋愛小説?テレビドラマ?

 

いいえ、自己啓発本です。

 

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則―感情に振りまわされない人生を選択する

 

 

かなり有名な『自分の小さな「箱」から脱出する方法』の日本人バージョン(私はそういう認識です)。

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (421件) を見る
 

 

 

最近、すごく落ち込んでて、「こんな時こそ本を読むべし!!」

と思って、書店行ったら見覚えある表紙見つけて、それが

『日常のイライラから解放される「箱」の法則』でした。

 

この世にはびこる"ウイルス"

 

まぁ中身に関しては、沢山の人がブログとかに書いているだろうし、

読んだ人も多いと思いますので、「箱」については簡単に。

 

自分が心の奥深くではするべきと思ったこと(電車で老人に席譲るとか)を

しないことを決めてしまうと、その瞬間に自分を正当化してしまう現象ですね。

 

この現象を「箱」に入る。と言います。

箱に入ってしまうと、途端に相手を責めてしまい、

その行動をしなくても仕方ない理由を探し出します。

「この老人は多分「年寄り扱いするな!」って怒りそうなめんどくさいやつだ」とか「今日は少し熱っぽいから仕方ない」とかね。

 

まぁ正直、「ナンノコッチャワカラン( ゚д゚)」って方は読んでください。笑

それが一番です。

 

この「箱」に入ってしまっている人がこの社会には、もうほんと大量にいます。

しかも、この「箱」に入ってしまっている人と関わると、

こっちまで「箱」の中に入ってしまっちゃうんですよ。

これが蔓延ってしまっているウイルスみたいなものなんですね。

 

刺さった言葉

 

と、まぁ前置きはここまでで、今回読んでて自分に刺さった箇所を書いときます。

「ねえ、リョウちゃん。感じたことをしないで、何を生きるっていうんだろうね」

もう、ここで涙腺崩壊。とらドラのクリスマス回で大河が外で叫んでる時とおんなじぐらい涙止まらなかったです。

 

自分の中で感じたことは、自分だけのものなのに

それを見て見ぬ振りして何が「自分の人生を生きる」なのか。

毎日、自分を欺いていますよ。

 

今、感動して「この気持ち残しておかなくちゃ...!!」

と思ってこの記事書いてるわけですよ。

 

終わりに

 

自分を欺くことが当たり前になりすぎていて、

自分感じたことすら拾い上げるのも難しくなっていると思います。

だから、まずはその感じたことをしっかり理解することからはじめます。

ほんで、感じたことに対して何かを考える前に動き出したいなと思います。

いや、動き出します。

今は、意識高くても、アホだからそのうち忘れて

また「箱」に入ってしまうだろうからこうやって形にしておきたいと思います。

 

小学生の頃に立てた目標、「立派な大人になる。」

今日からでもちゃんとヒトとして生まれ変わって頑張ります。

 

終わり。