読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VRオタクな院生の日常

よく「自分の考えをアウトプットしておいた方がいいよ」という記事を見かけるので発信始めました。

院試落ちた。後の話

どうも、お久しぶりです。

すいません。完全に3日坊主になってしまっていました。

今日も久々にはてなにアクセスしてみたら、「院試落ちた。話」のアクセス伸びててびっくり。「こんな奴がいるんだし自分はマシだな」とかでも思っていただけているなら、少しでも誰かの役に立ってるのならば嬉しい限りです。

 

研究生としての一年

前置きはさておき、私は4月から研究室に配属されました。

院試に落ちたのは一昨年の話です。

今回は、「じゃあ、去年は何してたの??」のお話です。

 

院浪人生活スタート

4月からは研究生という名ばかりの肩書きの元、研究室に席を用意していただいて、

新学部生の面倒を見ながら浪人生活を送っていました。

 

去年は落ちたNAISTをもうすっかり諦めまして、別の大学を探し始めました。

そもそも、VRの研究がしたいのに外部生が多いという理由(だけではないですが)で

大学院大学を受験しており、VRの研究室じゃないところに行こうとしていました。

まぁそりゃ、ダメですわね。

 

今度はちゃんと院試の準備しました。さすがに。

 

院試当日までに準備したこと

4月:大学探し

5月:オープンキャンパスに参加+指導教員との面談

6月:TOEICの勉強+研究計画書の作成

7月:願書書類用意+勉強

8月:院試の準備+勉強

 

学部4年生の方でちゃんと意識高くして外部の大学院に進む方は、

こういうスケジュールでちゃんと卒業研究と並行して行なっていると思います。

 一つ一つ説明していきますね。

 

大学探し

これはまぁ自分の研究したい分野をgoogle先生なりに働いてもらって、

だいたいどの大学の何て言う研究室が有名か、面白い研究してるか、

どれぐらい学生数居るか、とかを見比べながら良さげなものを探します。

少しでもビビっときたら専攻公開なりオープンキャンパスなり行くべきですね。

 

オープンキャンパス、面談

受ける大学が決まれば必然、指導教員との面談をします。

これしなければ絶対受からないんじゃないですかね?

研究計画も間違いなくまともなもの書けないし、

教員も人なんだし挨拶もできない奴と一緒に研究したくないでしょうし。

遠方の大学ならオープンキャンパスに合わせて、

個人面談のアポも取っておくことを激しくオススメします。

 

その際に、ある程度興味のある研究やどういうことしたいかを、

ちゃんとしっかり調べて行くことは必須だと思います。

向こうの教員の方も、

「じゃあこういうテーマで研究計画書書いたら?」って

具体的なアドバイスできますし。

 

TOEICの勉強

最近、大学院のほとんどで多分TOEICを提出するんじゃないですかね。

私が受けた大学ももろに点数に入る院試でした。

TOEICに関しては、ググればテクニックなり教材なりいくらでも出てくるので

ここでは「サボらずに頑張って♪」としか言えませんね。

個人的には、リスニングの点数が上がりやすいと思います。

リーディングの語彙などは毎日の積み重ねですが、

リスニングはかなりテクニックで稼げる部分がありますので。

研究計画書

これは大学によっては、院試において一番大切な要因となるかもしれません。

これに関しては、指導教員との面談の内容を元にciniiやGoogle Scholarなどで

キーワードを検索して関連研究の論文を大量に、もうほんと大量に読むことをオススメします。

「今までの論文はどんな問題に取り組んできたのか」

「どうやってその問題を解決したのか」などに着目しながら読みます。

 

そして、大事なことですが、完成したら恥ずかしいでしょうが、

誰かにさらけ出しましょう。特に指導教員には見せましょう。

「こんなゴミ計画書見せて、指導教員に呆れられてしまうのでは?」とか思ったら

とりあえず、指導教員にメール書いて添付して送信ボタン押しましょう。

向こうの教授も、さすがに邪険にはしないです。

これも大事ですが、研究計画書を何回も見てもらいましょう。

「何回もゴミ計画書見せて、...(略)」とか思ったら

とりあえず、指導教員に...(略)

そんなプライドはいりませーん。図太くお願いしましょう。

 

勉強

もうあとは、数学などの院試に必要な基礎科目を黙々と勉強しましょう。

行きたい研究室の先輩に、オススメの教科書を聞いておくとかなり良いですね。

プレゼンとかもあるなら、規定の時間でしっかりできるように何度も練習して、

お風呂でスラスラと言えるぐらい練習しましょう。

 

最後に

と、かなりダラダラと長文になってしまいましたね。

院試に受かった話に関しては、他の方もかなりブログとかで綴っていると思うので、

見比べて共通の項目などがあれば、それは間違いなくマストなことです。

まぁ、一サンプルとして参考にしていただければ幸いです。

それでは。